Facebookで友達になっておきたいタイプの人とは

Facebookでのベストな友達とは?

SNSを使いこなそう

このコラムをシェアする

仲良くなりたい!という意思を伝えよう

自分が普段から仲良くしている友人であれば、すぐに友達申請をしてもあまり断られることはありませんし、気軽にできるかと思います。

しかし、全く知らない人と交流を持ちたいと思って、ついリアルな友達と同じようにいきなり申請してしまうのは失礼です。
特に、FacebookはTwitterなどのように知らない人とも繋がるよりは、現実世界での友人や仕事関連の人などと繋がるために使っているという方が多いSNSです。
ですから、Facebookで友達申請をする場合は、余程仲の良い人でない限りは、一言申請したいことを伝えるメッセージを送りましょう。
「仕事仲間限定」など、自分の中で用途を決めている方の場合、申請を断られてしまうこともありかもしれませんが、そこは思い切って割り切ってしまいましょう。

自分だと分かるようにしておこう

Facebookでは、自分のアイコンに様々な写真を選ぶことができます。
自分の顔をアイコンにするのは恥ずかしいと思い、ついつい飼っているペットの写真や、旅行先などの風景など、自分の姿の無い写真をアイコンにする方は多いのではないでしょうか?

Twitterなどは、匿名であるからこそそういった写真の方が良いかもしれません。
しかし、Facebookの場合アイコンがそういった写真ですと、警戒されてしまうことがあります。
特に、知らない人に友達申請をしたときは、相手がどのような人なのか分からない写真を見ただけで申請を断ってしまう人もいるので要注意です。
自分だと分かるような写真をアイコンにすることを心がけましょう。

また、全く投稿のない人も、得体が知れず乗っ取りアカウントと思われてしまう危険性もあるので、ある程度投稿してからの友達申請がおすすめです。